モータースポーツ 人気ブログランキングへ


<サイト内検索>



2009年08月02日

1.真夏の夜の夢(1)

「やっちまえ!」
 真っ暗の空の下、繁華街の照明が周囲から差し込む空間の中で、大きな叫び声が四方から辺りに響き渡った。
 交差点を封鎖するように、交差点中央に放射状に停まっていたパトカーに、一斉に大勢の人影が駆け寄った。
 人影は特攻服やつなぎ、作業服まがいの服装を身にまとった、いかつい男たちばかりだった。
 男たちは駆け寄ったそれぞれのパトカーを激しく揺さぶったり、横から蹴りを入れたり、ボンネットやドアに鉄パイプを叩きつけている。
「おら、おらっ!」
 不思議なことに殆どの男達は冷静な表情を崩さない。
 そんな中、作業着まがいの服を着た大柄な男が鉄パイプを肩に担いで、中央のパトカーのボンネットに駆け上がり、そのまま屋根に立ち上がった。


落天rakutenの砂時計 > トップページへ


posted by 北乃 道晴 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 1.真夏の夜の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




楽天 ネックレス
エコバッグ
エルメス
ヘヴン ← H21日本文学館出版大賞ノベル部門特別賞
モータースポーツ 電動レーシングカート

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。