モータースポーツ 人気ブログランキングへ


<サイト内検索>



2009年08月18日

10.A級ライセンス(1)


 その日の夜、合宿所で参加者全員で夕食に向かっている最中に講師が話を始めた。
「えー、今日はご苦労様でした。コースアウトした車両が何台かありましたが・・・」
 ここでドッと笑いが起きた。初日が終わった安堵感も手伝ってのことだ。
「その方達にも、サイドタイムアタックして頂くことが出来、本日を持って皆さんはB級ライセンスを取得したことになります。」講師が笑顔で伝えた。
「おー、B級だって。なんか気分いいなぁ。」モトハルがエビフライを口に咥えたたまま嬉しそうに言った。
「本日のタイムは、食堂のそこに貼っておきました。あとでゆっくり見てください。」
 講師が指差した食堂入り口の横に、A4サイズの紙が数枚貼り付けられていた。
「ちなみにベストラップは先導車をやらせて頂きました田町君。うちのクラブのエースドライバーです。」講師の横に立っていた若い男が頭を下げた。
「おー!」食堂が拍手で沸いた。
「あのGT−Rじゃ、誰も抜けないって。」ジンがレース仕様に仕上げられたGT−Rを思い出して苦笑いした。


落天rakutenの砂時計 > トップページへ


posted by 北乃 道晴 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 10.A級ライセンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125900601
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




楽天 ネックレス
エコバッグ
エルメス
ヘヴン ← H21日本文学館出版大賞ノベル部門特別賞
モータースポーツ 電動レーシングカート

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。