モータースポーツ 人気ブログランキングへ


<サイト内検索>



2009年08月19日

11.獅子と老獪(1)


 次の日の月曜日、現場作業が終了した夕方に、ガレージ内の休憩コーナーにメンバー全員が集まった。
「いまから1年、モータースポーツ部門を新設してクルマ好きのお客さんにサービス提供するビジネスをトライしてみたいと思うんだ。どうだろう?」柿崎が、全員に向かって提案した。
「どのくらいニーズがあるかだなぁ。企業向けビジネスじゃないから、大口契約は期待できないしね。サービスのポイント、お客さんが期待しているリターンが一体何なのかを早く見付けていく必要があるね。」長谷が言った。
「大学生向けの安価な走行会やレースイベントでそのあたりを探ってみるってのはどうだろうね?」ジンが提案した。
「特に反対意見が無い様なら、ジン、モトハル、龍の3人でプランを練ってみてくれないか?可否は気にせず、とりあえず1ヶ月を目途に考えられるプランをまとめて皆に紹介してくれよ。」柿崎はそう言うと、続けて、
「そのプランを元に、もう一度皆で集まって実現可能なものに落とし込んだり、絞り込んでみよう。」
「龍が得意そうな仕事だから、期待してるよ。」モトハルが新田の肩を叩いた。
「いや、龍は走らせておく方がよっぽど役に立つかもよ。」ジンが本心から言った。
「そうだな。龍、何かドラテクを手軽に身に着けられそうな方法も考えてみようよ。お客さんにとっても良いサービスになりそうだし、テストドライバーとしておまえ自身がレベルアップするのにも役立つだろ?」長谷が付け加えた。
「オレがテストドライバーになるって、もう決めちゃってんの?」新田が、呆れた表情でメンバー達の顔を見回した。
『こりゃ柿さんと長谷さんとで、裏で既に手を回してるな・・・。』新田は深みに追い込まれないようにどうにかしないと・・・と、警戒感を強め始めていた。


落天rakutenの砂時計 > トップページへ


posted by 北乃 道晴 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 11.獅子と老獪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125949655
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




楽天 ネックレス
エコバッグ
エルメス
ヘヴン ← H21日本文学館出版大賞ノベル部門特別賞
モータースポーツ 電動レーシングカート

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。