モータースポーツ 人気ブログランキングへ


<サイト内検索>



2009年08月24日

14.画策(1)


「柿さん、準備できましたよ。」事務所で電話中の柿崎に、長谷がガレージ側のドアから顔を出して声をかけた。
 柿崎は大きく頷いて、電話の相手との話を続けた。
 長谷が1人でガレージ前の駐車場に戻ってくると、「柿さんは?」とノブとケイゴが尋ねた。二人の周りには他に、ジン、モトハル、新田、ミチハルらも集まっていた。
「電話が済んだら来るよ。他の奴らは?」長谷がノブに聞いた。
「ほら、みんなも来ましたよ。」長谷が振り返ると、ガレージから続々とメンバーが駐車場へ出てきた。
 ちょうどそのとき、「悪い悪い!」と、柿崎もジョギング慣れした軽快な早足で、事務所から駆けつけた。
「ご注文の品ですよ、柿さん。」もったいぶった様子でケイゴが足元に視線を移した。
 全員の視線の先には、2台のレーシングカートが並べられていた。
 1台は見慣れたレーシングカートだが、もう1台はバッテリーがしーとの両脇に積み込まれている。
「やっぱり見た目にも違うな。」長谷がしげしげと見つめている。


落天rakutenの砂時計 > トップページへ


posted by 北乃 道晴 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 14.画策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126295879
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




楽天 ネックレス
エコバッグ
エルメス
ヘヴン ← H21日本文学館出版大賞ノベル部門特別賞
モータースポーツ 電動レーシングカート

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。