モータースポーツ 人気ブログランキングへ


<サイト内検索>



2009年08月24日

14.画策(2)


「どう?やっぱり重いか?」柿崎がノブに尋ねた。
「一番軽い米国製のディープサイクル・バッテリーを使ったんですけどねぇ。何せ4本使ってますから・・・。それとモーターの重量もバカにならないんですよ。」悔しそうにノブが答えた。
「規格は満足してんの?」モトハルがケイゴに聞いた。
 電気系が得意なケイゴが、
「JAF電気自動車国内競技車両のEV−K−1と、日本EVクラブの車両規定を満たすようにしてある。」と答えた。
「モーターが高いよなぁ・・・。」柿崎が不満そうに言ったが、「とにかく、動かしてみようか。」とケイゴを見た。
 簡単なレクチャーをしながら、バッテリーを載せたカートにケイゴが乗り込んだ。
「もう、この状態でスタンバイしてるんだ。アクセルを踏めば直ぐに走り出せる。」そう言うと、ソロソロっと電動レーシング・カートが動き始めた。
「静かだなぁ。」


落天rakutenの砂時計 > トップページへ


posted by 北乃 道晴 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 14.画策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




楽天 ネックレス
エコバッグ
エルメス
ヘヴン ← H21日本文学館出版大賞ノベル部門特別賞
モータースポーツ 電動レーシングカート

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。