モータースポーツ 人気ブログランキングへ


<サイト内検索>



2009年08月30日

17.決断(1)

 ジン、モトハル、ノブそしてケイゴの4人はEVカートの製作に大忙しで取り組んでいた。以前製作した5台のデモ用EVカートを試走して見出した問題点の中で、特に安全面に大幅な改良を加えて、新規に50台のEVカートを製作しているのだ。
 新田と長谷が、修理を終えた軽トラを顧客の元へ納車して戻ってきた時、柿崎がジンを手伝ってカートをスタンドに載せていた。
「さすがにこれだけ並ぶと壮観だね。」立てた状態でガレージの中に整然と並べられているEVカートを見つめて、長谷が感想を漏らした。
「あと10台・・・あ、15台か。もう少しで全部完成ですよ。」ノブの溶接作業を手伝いながら、モトハルが答えた。
「しっかし、俺たちに一番似合わない所へ持って行くんだよね、これ・・・。」モトハルが笑った。
 2台ずつ25ヶ所。
 道内の25の工業高校に、この50台のEVカートは寄贈されることになった。
 北海道知事が直接召集した「学校教育における次世代電気エネルギーの実践学習に関する諮問委員会」の次のステップに向けて、柿崎は先行的にEVカートを教育現場に投入して、1年以内に開催する競技会の結果を効果測定の結果として報告する計画を建てている。
 寄贈される25の工業高校は、柿崎の提案に共感して参加を表明した工業高校の中から先着順に選び出された。
「普通高校からも参加希望が多かったからなぁ・・・。意外と反響が大きかったのには驚いたよ。」予算の都合で50台と決め打ちして、さらに今回は工業高校に限ってと募集したのだが、結果的に100校以上の高校に柿崎は断りの返事をすることになった。
 北海道からの補助金と、柿崎が新規事業発足のためにかき集めてきた出資金をもとに、これら50台が製作され、教材として無償支給される。
「俺たちにもう少し力があればなぁ・・・。」と柿崎は残念そうに言ったが、長谷が、
「来年以降は自力で参加してきてくれる学校が出てきますって。とにかく場を提供し続けて行きましょうよ。」と慰めた。
 ちょうどその時だった。
「龍、電話!出れる?」事務所から顔を出して、トシやんが大きな声で新田を呼んだ。


落天rakutenの砂時計 > トップページへ


posted by 北乃 道晴 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 17.決断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126717998
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




楽天 ネックレス
エコバッグ
エルメス
ヘヴン ← H21日本文学館出版大賞ノベル部門特別賞
モータースポーツ 電動レーシングカート

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。