モータースポーツ 人気ブログランキングへ


<サイト内検索>



2009年10月14日

36.永遠の日常(1)


「昇竜・・・、そういやそんな呼ばれ方してたことがあったな・・・。」
 柿崎、長谷の目の前で、吉森がぼんやりとした記憶を思い返していた。
 新田の話を聞いて、ジャパン・ビークルのメンバー全員が遠い昔の自分達の姿を脳裏に浮かべた。
 新田が善九郎の通夜に顔を出したのは、夜11時を回った頃だった。
 運転手付きのクルマを出してくれたミッシェルとともに、みくとあおいを病院に送り返した後、ミッシェルに札幌市内の斎場まで送ってもらった。
 さすがに大部分に人間は斎場を後にしている時間だったが、それでも常時数十名前後の人間が訪れては祭壇に手を合わせていた。
 会場の手伝いなどもあり、ジャパン・ビークルのメンバーはまだ全員残っていた。
「龍は昇れど・・・。今のジャパンビークルのことを言ってるんでしょうね。」新田の言葉を整理しなおしながら、ジンがタバコを消した。
 全道中の名立たるグループをことごとく傘下に収めて覇権争いに終止符を打ったころ、柿崎らは周囲から
「札幌の柿崎一派」、「札幌の昇竜」と呼ばれていた。


落天rakutenの砂時計 > トップページへ


posted by 北乃 道晴 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 36.永遠の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130159373
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




楽天 ネックレス
エコバッグ
エルメス
ヘヴン ← H21日本文学館出版大賞ノベル部門特別賞
モータースポーツ 電動レーシングカート

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。