モータースポーツ 人気ブログランキングへ


<サイト内検索>



2009年10月18日

36.永遠の日常(17)


「面白いところに目を付けましたね・・・。これですか?やりたかった事って。」新田が柿崎をちらと見た。
「ふん、まだまだ始めたばかりだよ。でもな、北海道発のトップドライバーがそのうち、日本中・・・いや、世界中を席巻するようになるかもしれないぜ。」タバコに火をつけながら柿崎が言った。
 北海道の弱点とも言える雪に埋もれた半年の期間を、柿崎は逆手にとってもっと活かそうと考えていた。
 路面との密な会話が出来るドライバーを、雪のコースで育て上げる。
 スキーもそのトレーニング・メニューの一つと考えているのだ。
「龍、お前が原型を作ったんだよ。」柿崎が続けて言った。
「原型?」
「正直、日本のスキー環境じゃアルペンレースで食っていくのはまだ無理だ。その点、モータースポーツなら動く金が破格だからチャンスはまだある。そして、それをお前があの子達に見せてくれた。」
「F1・・・ですか。」新田は他人事のように答えた。
「アルペンスキーでワールドカップのチャンピオンになりたかったっていう夢はまだ忘れて無いけど、まずはモータースポーツから雛形を作って行っても良いかって思ってる。」柿崎はスピンして雪山に突き刺さった子供の姿を見て笑った。
「雪が溶けるたびに、あの子達は驚くほどタイムを縮めている。お前もうかうかしていられないぜ。」隣で聞いていた長谷が新田を見つめた。
 田村も、柿崎達も、次から次へと斬新で将来を見据えたアイデアをよくもこれほど思い付くものだ・・・と、新田は感心した。
 そして、俺はこの先どこへ向かっていくのか?カートで走り回っている子供達のヘルメットの中の笑顔を想像しながら、答えの無い自分の未来にもっと熱いものが待ち受けているような気持ちになった。


落天rakutenの砂時計 > トップページへ


posted by 北乃 道晴 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 36.永遠の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130506456
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




楽天 ネックレス
エコバッグ
エルメス
ヘヴン ← H21日本文学館出版大賞ノベル部門特別賞
モータースポーツ 電動レーシングカート

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。