モータースポーツ 人気ブログランキングへ


<サイト内検索>



2009年10月18日

36.永遠の日常(19)


 柿崎は札幌市議会の中央壇上に立っていた。補佐役の吉森が、会議場の片隅から柿崎を見つめている。
「新しくEV開発推進室を開設したことを報告いたします。」マイクに向かって淡々と述べる柿崎のセリフを遮るように、
「財政問題が先だろ!」
「福祉局の補助金不正支払いの責任はどう取るつもりだ?」
と、一斉にヤジが飛び交った。
 吉森はまた無駄な時間が費やされる・・・と渋い表情に変わった。
 その時、
「黙って聞けっ!」とスピーカーがハウリングを起こすほどの大声で柿崎が答えた。
「お前さんたちが過去10年で何も変えられなかった札幌を、2ヶ月でこれだけ変えたのは道民全員の力だ。ここでオレに向かって無駄口を叩いている元気があるなら、外でもっと具体的に貢献してみろ。道民代表ってことは、道民そのもののはずなんだぜ!」
 さすがに柿崎の発言は、議会の壇上で口にすべき大人のセリフではなかった。


落天rakutenの砂時計 > トップページへ


posted by 北乃 道晴 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 36.永遠の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




楽天 ネックレス
エコバッグ
エルメス
ヘヴン ← H21日本文学館出版大賞ノベル部門特別賞
モータースポーツ 電動レーシングカート

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。