モータースポーツ 人気ブログランキングへ


<サイト内検索>



2009年08月02日

1.真夏の夜の夢(1)

「やっちまえ!」
 真っ暗の空の下、繁華街の照明が周囲から差し込む空間の中で、大きな叫び声が四方から辺りに響き渡った。
 交差点を封鎖するように、交差点中央に放射状に停まっていたパトカーに、一斉に大勢の人影が駆け寄った。
 人影は特攻服やつなぎ、作業服まがいの服装を身にまとった、いかつい男たちばかりだった。
 男たちは駆け寄ったそれぞれのパトカーを激しく揺さぶったり、横から蹴りを入れたり、ボンネットやドアに鉄パイプを叩きつけている。
「おら、おらっ!」
 不思議なことに殆どの男達は冷静な表情を崩さない。
 そんな中、作業着まがいの服を着た大柄な男が鉄パイプを肩に担いで、中央のパトカーのボンネットに駆け上がり、そのまま屋根に立ち上がった。


落天rakutenの砂時計 > トップページへ


posted by 北乃 道晴 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 1.真夏の夜の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

1.真夏の夜の夢(2)

 辺りの暴動をゆっくり見回した後、大柄な男はにわかに鉄パイプを振り上げてパトライトを何度も横殴りし、とうとう地面に落下させた。
 続けてパトカーのフロントガラス、ドアのガラスと、次々と叩き割っていく。
 パトカーの中に閉じ込められたままの警察官たちは、窓ガラスが飛び散って車内に飛び込んでくる中で、両腕で顔を覆いながら防ぐのに背一杯になっている。
 パトカーの屋根にいる大柄な男は、その場で大きく跳ね上がり、両足で踏ん張るように屋根を繰り返し踏みつけている。
「柿さん!」
 つなぎ姿の背の高い男がパトカーの脇に寄って来て、屋根の上にいる大柄な男に向かって叫んだ。
 大柄な男は、つなぎ姿の背の高い男が鉄パイプで示す方向を見た。
 すぐ隣に停まっていたパトカーの屋根の上で、見るからに若く、小柄でひょろひょろした少年がパトライトを蹴り落とし、何度も屋根を踏みつけにしていた。
「へっ、龍の奴!」
 大柄な男は嬉しそうな顔をして、近くに居た男が持っていた鉄パイプを取り上げた。


落天rakutenの砂時計 > トップページへ


posted by 北乃 道晴 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 1.真夏の夜の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1.真夏の夜の夢(3)


「龍、使え!」
 大柄な男は少年に向かって叫ぶと、鉄パイプを放った。
 鉄パイプを受け取ると、龍と呼ばれた少年が大柄な男の方を向いて不敵な笑みを浮かべた。
 そして大柄な男と同じように鉄パイプを大きく振り下ろし、足元のパトカーのフロントガラス、運転席のドアガラス、そして後部のガラスを次々に叩き割った。
「応援が来た!」パトカーの輪の外に居た男たちが次々に叫びだした。
 人通りと交通量の多い、まさに繁華街の中央の交差点で繰り広げられている乱闘騒ぎ。
 パトカー8台を相手に、100人を優に超える男たちがすでに30分以上も大暴れを続けていた。
 北海道警は8台のパトカーからの応援要請を受け、30台のパトカー、5台の覆面パトカー、3台の護送車を送り込んできた。
「はい、そこまでだ!」
 大音量だったが落ち着き払った声で、スピーカーから警告が発せられた。
「ズラかれる奴は全員、すぐにここから離れろ!」
 パトカーの上に仁王立ちしている大柄な男が、周囲に向かって指示を出した。


落天rakutenの砂時計 > トップページへ


posted by 北乃 道晴 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 1.真夏の夜の夢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




楽天 ネックレス
エコバッグ
エルメス
ヘヴン ← H21日本文学館出版大賞ノベル部門特別賞
モータースポーツ 電動レーシングカート

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。