モータースポーツ 人気ブログランキングへ


<サイト内検索>



2009年08月06日

3.男達(1)


 国道に面した駐車場の奥に、波板状の壁に覆われた、横に長いガレージ兼工場が立っている。国道から見てガレージ兼工場の右端に、事務所が作り付けられているのが外観からも判る。ガレージ兼工場と言ったが、横長の建物の右側2/3が自動車修理用のピット、油圧ジャッキを備えたガレージになっており、残る左側1/3が工作機械を並べた部品製作工場となっている。横長の建物のガレージ部分は、国道側、および裏手がシャッターで全て開放できるようになっている。建物の裏手には事務所部分に隣接するように一軒家が立ち、残るスペースは草っ原になっている。
「社長、トラさんのところからレッカー出して欲しいって。オレ行って来ます。」事務所からガレージに面したドアを開けて、長身の男が顔を出した。
「また誰かぶつけたのか。商売にならんな、トラの奴も。」大柄な男が呆れた様に言った。
 そして腕時計を見ると、
「現場からでいいから、調達が必要そうなパーツを先に連絡してくれ。すぐ手配しておくから。」と付け加えた。
 隣接する周辺の建物に比べるても、このガレージ兼工場はまだ歴史の浅い、若い自動車工場だ。
 だがすでに地元ではどこにでも顔が効く、優良工場として人気を集めている。
 急ぎのトラブルや事故修理も、徹夜で部品をかき集めて来て、きっちり短時間で、しかも安く直してくれると評判になっている。
 ディーラーや中古車屋、タクシー会社、バス会社などの企業との取引だけでなく、個人ユーザーに対しても同じ対応をしてくれるのが心強い。
「パーパ、おひるごはんだよぉ。」1人の幼い女の子が事務所裏手の一軒家から出てきて、大柄な男の足元に歩み寄ってきた。


落天rakutenの砂時計 > トップページへ


posted by 北乃 道晴 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 3.男達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3.男達(2)


「ゆいちゃん、幼稚園はどうしたの?」大柄な男が幼い女の子に聞いた。
 この子は大柄な男の長女だ。事務所裏手の一軒家は大柄な男の自宅で、妻、長女、ようやく歩けるようになった次女、そして実母と暮らしている。
「今日はおべんと無しの日!」娘のゆいが答えた。
『そういえば、今日、明日の2日間は、幼稚園のイベント準備で午前保育とか言ってたな・・・。』と思い出した。
「ゆいちゃん、一緒に食べるかい?」娘に尋ねると、
「うん、ゆいのおべんとーも入ってる。」そう言って、紙製のショッピングバッグを見せた。バッグの中には大小二つの弁当箱が入っていた。
「じゃ、昼にしよう!」ガレージで声をかけてから、大柄な男は娘と手をつないで事務所に入っていった。
 ガレージには30人ほど作業着姿の男達が作業していたが、次々と手を休めて事務所やガレージ内の休憩スペースに移動して行った。


落天rakutenの砂時計 > トップページへ



posted by 北乃 道晴 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 3.男達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

3.男達(3)


「社長、最近この辺りに龍の奴が来てたって噂になってるの知ってました?」作業着姿の男が大柄な男に言った。
「龍?いや、俺のところには何も言ってきてないぞ。」
「本当なら、社長には何か連絡くらい入れる奴だからなぁ・・・。やっぱガセか。」
「ばーか、龍が俺にいちいち連絡できると思うか?」社長と呼ばれた大柄な男が言った。
「ダメなんすか?」
「つまんねー尻尾は掴ませられない商売だからな、あいつのは。こっちが気疲れしちまうよ、連絡なんか来たら。」大柄な男が笑った。
「もし来てたとしても、たまたま仕事で視察にでも来てたんだろ。」


落天rakutenの砂時計 > トップページへ


posted by 北乃 道晴 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 3.男達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




楽天 ネックレス
エコバッグ
エルメス
ヘヴン ← H21日本文学館出版大賞ノベル部門特別賞
モータースポーツ 電動レーシングカート

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。