モータースポーツ 人気ブログランキングへ


<サイト内検索>



2009年08月15日

9.目覚め(1)


 土曜の夕方に、新田が札幌に帰ってきた。
「お疲れ、龍。真っ直ぐ帰っても良いって言っておいたのに。」柿崎が事務所で新田を迎えた。
 ちょうどその時、ガレージから長谷も入って来たところだった。
「よう、吉森が随分助かったって連絡してきてたぞ。」長谷が新田に言いながら、タバコに火を点けてソファーに座った。
「柿さん、今日の作業はひととーり終わり。予定よりかなり早く仕上がった。」疲れた顔をして長谷が報告した。
「悪かったなぁ。本当に急ぎで10台も装備変更だもんな。助かったよ。」柿崎が長谷に答えた。
「いえ、みんな頑張ってくれたから。もう時間も時間だし、切り上げちゃいますけど。他にあります?」長谷がすぐにソファーから立ち上がり、柿崎に尋ねた。
「いや、今日はいいだろう。どこか飲みに行くんなら、軍資金出すよ。」柿崎が笑った。
「土曜日ですからね。早く家に帰らせてやりましょうよ。」長谷も笑った。
「龍、お前も今日は早く帰ってやれよ。週休二日じゃない仕事になってから、家族と会う時間減ってるだろう?」長谷が新田に言った。
「いやぁ。前の仕事の時は1年近く会えなかったこともあったから。」と新田が苦笑いした。
「お役所も、忙しい奴は忙しいってことなんだな。」長谷が笑いながらガレージに出て行った。


落天rakutenの砂時計 > トップページへ


posted by 北乃 道晴 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 9.目覚め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9.目覚め(2)


「よーし、あがろう!」
「出張報告とか、何かエビデンス残すんでしょ?」新田が柿崎に確認すると、
「そんなもん、いらねーよ。」笑って柿崎が答えた。
「仲間を信頼できない会社や役所のルールだろ。」
「何でも、エビデンス、エビデンス・・・でしたからね。」新田が、かつての職場を思い出して笑った。
「で、そのエビデンス自体が偽造されていたりな。」柿崎も大笑いした。
 柿崎もタバコに火を点けながら、
「商品に何もらったって?」と新田に聞いた。
「10万円分の商品券。吉森さんに預けてきました。」新田が笑った。
「本当に、お前って良く判らん奴だな。」柿崎が大きな笑顔で新田を見つめた。


落天rakutenの砂時計 > トップページへ


posted by 北乃 道晴 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 9.目覚め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

9.目覚め(3)


 前日の筑波サーキットでのイベントで行われた草レースのことだった。4人で1チームを作り、メンバー全員が必ず1周は走るというルールで、その日最後のメインイベントとして1時間の耐久レースが行われた。
 東京出張所のチームでは、一番自信が無いという新田を最初に走らせて、多少経験のある吉森、サカキ、ホトヤマが頑張る・・・という作戦を立てた。
 ところが途中でホトヤマは妙なことに気が付いた。トップを走っていた月産のGT−Rが1回目のピットインをした頃に順位を確認した時、ほとんど直後の2位で新田が運転するマーチが続いていた。
 このGT−Rのチームには、赤丸タクシーの社員の中でも有名なアマチュアレーサーが集まっていて、ここ3年間で3回連続で優勝している。
 そしてこのピットインの後、その優勝候補の筆頭チームを新田がどんどん引き離し続けていることが判った。
「おい、あれ、どうなってんの?」吉森がサカキ、ホトヤマと顔を見合わせて考えた。
「とにかく、龍にこのまま走らせて見ましょう。最後に1周ずつ俺たちが何とか頑張れば、もしかしたら、どうにかなっちゃうかも・・・。」ホトヤマが言った。
 3人はすぐさま作戦を変更した。
 そして、新田はピットからずうっと「PIT IN」のサインが出ないことを不満に感じていた。『えー、俺ひとりで走れって?何で?何で?』新田は、緊張のあまり、自分が今どのような状況に置かれているか、もちろん順位も、全く把握できていなかった。
『かなり走ったぞぉ・・・。』ピットに向かって新田が手を振りながら、ホームストレートを何度も通過するが、吉森たちは笑顔で、
「行け、行け!」としか答えなかった。


落天rakutenの砂時計 > トップページへ


posted by 北乃 道晴 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 9.目覚め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




楽天 ネックレス
エコバッグ
エルメス
ヘヴン ← H21日本文学館出版大賞ノベル部門特別賞
モータースポーツ 電動レーシングカート

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。